物事には「手順」があります。

朝、目覚めると近所の氏神様の森で、今年初めての蝉の声。

まだ梅雨明けではないようですが、夏本番をもっとも実感する自然の響きです。

 

お見合いの席では、お互いを理解するためにさまざまな質問が飛び交います。

あまり生々しい話題よりも、まずは「趣味」や「休日の過ごし方」のような無難なところから、

さりげなく探りを入れつつ、話をふくらませて行くのが一般的。

 

初対面の人ですから、もちろん「親しい間柄」ではありません。

にもかかわらず、かなり踏み込んで「ぶしつけな質問」を切り出す人がいます。

たとえば「何年婚活してるんですか?」「今日はお見合い何回目?」

はては「どうして今まで結婚出来なかったんですか?」などと言いだす手合いまで。

横で聞いていても、土足で家の中を踏み荒らされるようで不愉快極まりないことです。

 

人と人は、少しずつ探り合いながら心を開き、だんだん仲良くなって行くものです。

何ごとも「いきなり」では、相手が身構えて心を閉ざしてしまいます。

たとえば、片思いの女性に、いくら好きだからと言って、

いきなり抱きついて関係を迫れば、まず間違いなく良い結果にはなりません。

 

好意を抱いた人には、階段を一段一段上がって行くような気持ちで付き合って行きましょう。

少しずつ自分を分かってもらい、同じスピード・同じ目線で相手を分かって行く・・・。

それが「人との出会いの上手な人」の、共通のやり方なのです。

*あおなみ線・荒子駅より徒歩8分。富士印刷ビル3Fです。

ご来訪者のプライバシーに配慮して、表には看板等をいっさい出しておりません、

事前に電話の上、お気軽にお越し下さい*

yuubunn

安心・便利な文章制作サービス「優文工房」のご案内です。

NEWS&TOPICS

愛ビリーブの営業案内パンフレットが出来ました。

ご希望の方は電話またはメールにてお申し込み下さい。

郵送させていただきます。