人間が「変わる」時。

連日の猛暑に、妻は早くも夏バテの気配。

若い頃には「ギンギンの冷房」が欠かせませんでしたが、年令と共にエアコン嫌いに。

暑さに慣れるには、もう少し掛かりそうです。

 

よく「人が変わる」などと言いますが、これは精神面での大きな変化が原因。

次のどれか一つに当てはまると、人生観が大きく変わり、感情や行動が激変するようです。

 

まずは、病気や事故で「生死の境をさまよう」。

人は死に直面すると、その後の人生への関わり方が大きく変化するようです。

大病からの生還をきっかけに、社会奉仕活動に励むようになった方を知っています。

 

また、何らかの理由で経済的に行き詰まり「破産したり無一文になる」。

まさに「金の切れ目が縁の切れ目」で、利害関係にある人が残らず去って行きます。

貧乏のつらさを知ると、今まで見えなかった、人の裏側が透けて見えるようになります。

 

あるいは、罪を犯して「投獄される」。

よほどの確信犯でもない限り、社会的な地位や立場を残らず失って平気ではいられません。

刑務所という隔絶された空間の中では、すべてをリセットせざるを得ません。

 

とはいえ私たちは、日頃から「健康」に気を付け、金銭面での「生活の安定」をめざし、

そしてきちんと「法を守る」という暮らしを、理想の姿として心がけています。

病気も破産も投獄も、出来れば避けたいし、そこから遠く離れて暮らしたいのが人情。

いわば「人間が変わる」ようなことには、ふだんから極力近づかないようにしているわけです。

 

そういう中で自分の殻を破り、行動を軌道修正して行くのはとても勇気のいること。

しかし、どこかで勇気を振り絞って向き合わなければ、やっぱり「十年一日」のままなのです。

そこに気付くことが、まずは「自分磨き」の第一歩になります。

*あおなみ線・荒子駅より徒歩8分。富士印刷ビル3Fです。

ご来訪者のプライバシーに配慮して、表には看板等をいっさい出しておりません、

事前に電話の上、お気軽にお越し下さい*

yuubunn

安心・便利な文章制作サービス「優文工房」のご案内です。

NEWS&TOPICS

愛ビリーブの営業案内パンフレットが出来ました。

ご希望の方は電話またはメールにてお申し込み下さい。

郵送させていただきます。