平凡の魅力。

夫にするなら、妻にするなら、何をおいても「平凡な普通の日常が似合う人」がベスト!

高級レストランがいくら似合おうとも、それだけでは足りないと思います。

「何気ない大衆食堂で一緒にカレーを食べたら幸せを感じた」そういう想いが大切なのです。

飾らない日常の中で、飾らない自分のままで向き合い、それが心地よいこと。

幸せな結婚とは、そんな毎日の連続だからです。

 

昔、個人住宅を専門に手掛けている建築家の方がおっしゃいました。

「何十年も住んでみて『この家は本当に良かった!』と満足していただける家というのはね、

建てた時には何の変哲もない、変わり映えのしない家なんだよね・・・」。

 

人間だって、案外そういうものではないでしょうか。

何十年も寄り添って「この人と夫婦になって本当に幸せだった」と心から思える人は、

きっと「出会った時には刺激の薄い平凡な人」だと思うのです。

ここ最近、その想いが日増しに「確信」に変わってきています。

*あおなみ線・荒子駅より徒歩8分。富士印刷ビル3Fです。

ご来訪者のプライバシーに配慮して、表には看板等をいっさい出しておりません、

事前に電話の上、お気軽にお越し下さい*

yuubunn

安心・便利な文章制作サービス「優文工房」のご案内です。

NEWS&TOPICS

愛ビリーブの営業案内パンフレットが出来ました。

ご希望の方は電話またはメールにてお申し込み下さい。

郵送させていただきます。